ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FUJIFILM PHOTO CONTEST

トップ

第59回(2019年度)

第58回(2018年度)

第57回(2017年度)

第56回(2016年度)

第55回(2015年度)

第54回(2014年度)

第53回(2013年度)

フジコン大賞

自由写真部門

ネイチャーフォト部門

フォトブック部門

入賞者一覧

作品展示会

作品集頒布のご案内

募集要項

募集要項(フォトブック)

第52回(2012年度)

第51回(2011年度)

第50回(2010年度)

第49回(2009年度)

過去の入賞作品

第53回 富士フイルムフォトコンテスト 自由写真部門・ネイチャーフォト部門 作品募集

応募票のダウンロードはこちら

募集要項

応募部門と各賞

■自由写真部門
テーマは自由
■ネイチャーフォト部門
自然風景や動植物、昆虫、水中写真など
賞 \ 部門 自由写真 ネイチャーフォト 入賞者全員に賞状盾および副賞
フジコン大賞 1名 100万円 作品集、
作品のプリントパネル(四切)
グランプリ 1名 1名 各50万円
金賞 5名 5名 各20万円
銀賞 15名 15名 各10万円
銅賞 20名 20名 各5万円
優秀賞 30名 30名

審査員

各部門の審査員(敬称略・順不同)および富士フイルム株式会社

■自由写真部門
審査員 : 小林 紀晴
■ネイチャーフォト部門
審査員 : 中村 征夫
田沼 武能

小林 紀晴 (こばやし きせい) プロフィール

写真家/ 東京工芸大学教授

1968年長野県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真科卒業。アジアを旅し作品を制作する。2000 — 2002年渡米。「DAYS ASIA」で日本写真協会新人賞受賞。2013年「遠くから来た舟」で第22回林忠彦賞受賞。

丹地 敏明

中村 征夫 (なかむら いくお) プロフィール

1945年秋田県潟上市生まれ。秋田市立高等学校(現 秋田県立中央高等学校)卒業後、独学でダイビングと水中写真を学ぶ。撮影プロダクションを経て、1976年フリーランスの写真家として独立。水中撮影の分野で活躍する一方、講演、出版、テレビなどを通じ、海の魅力と環境問題を伝える活動を行う。

応募期間

平成25年10月1日(火)~10月31日(木) ※当日消印有効

自由写真部門/ネイチャーフォト部門の応募方法

STEP 1

作品はお店プリント(*1)、またはご自身で制作された銀写真プリント(印画紙)に限ります。

銀写真プリント

*1 お店プリントとは、写真専門店、 現像所で制作されたプリントのことです。デジタルカメラによる作品も応募できます。スライドやデータでのご応募はできません。

※ ご自宅で出力したインクジェットでは応募できません。

  • プリントサイズ/六切( ワイド六切)~ 四切( ワイド四切)
  • カラー、モノクロ可
  • 単写真のみ(組写真はご応募できません)
  • 2011年1月1日以降に撮影された作品のみ受け付けます。

※ 合成写真などは自由写真部門にご応募ください。

全国のフジカラーのお店検索

FUJIFILMプリント&ギフト

STEP 2

応募票の各項目を記入して、応募票をプリント裏面に貼付してください。

  • 1作品につき1枚の応募票を、記入漏れがないよう作品裏面に貼付してください。
  • 応募票は作品の裏面に天地を同じ方向に貼付し、作品保護のため、1枚ずつ透明または半透明のビニール袋に入れてください。
STEP 3

注意事項をご確認ください。

大切な作品が失格とならないように、注意事項は必ず確認してください。

「注意事項」はこちら (このページの下部にあります)

STEP 4

送付先の住所へ、作品を送ってください。

作品送付先

〒259-1143 神奈川県 伊勢原市 下糟屋1314番地 安田倉庫内

「富士フイルムフォトコンテスト事務局」

返却希望の場合は、郵便小為替1,000円分が必要です。

審査発表・入賞作品展示・表彰式

  • 平成26年コンテスト誌(一部)3月号、富士フイルムフォトコンテスト ウェブサイトにて審査結果を発表します。全入賞候補者へは平成25年12月下旬ごろまでにご通知いたします。
  • 全国各地の富士フイルムフォトサロン ほかで入賞作品展を開催します。

注意事項 (自由写真部門・ネイチャーフォト部門/フォトブック部門 共通)

応募作品について

  • 応募作品は未発表のものに限ります。同一または類似作品が規模の大小に拘わらず、他のコンテストなどに応募中または応募予定、あるいは過去に入賞して画像が確認できる作品は応募できません。ただし、応募者本人の製作による市販目的のない出版物や本人のウェブサイトに掲載した作品、審査のない写真展に出品した作品は応募できます。
  • 被写体の肖像権侵害などの責任は負いかねます。万一、第三者と紛争が生じた際は、応募者自身の責任と費用負担によって解決していただきます。
  • 応募者本人が撮影し、すべての著作権を有しているものに限ります。他人の名前を使用した場合は失格になります。

応募方法について

  • 1人、何部門でも、何点でも応募できます。
  • 同一原板から複数部門へ重複応募はできません。
  • 規定外のサイズや台紙に貼った写真は失格になります。
  • 使用フィルムや印画紙の銘柄に制限はありません。
  • 応募票の各項目はすべて楷書で記入し、氏名と画題には必ずふりがなを付けてください。

入賞について

  • 自由写真部門、ネイチャーフォト部門、フォトブック部門ともに1人1賞とします。
  • 応募規定に違反した場合、または入賞決定後でも類似や二重応募と主催者が判断した場合は、入賞を取り消すことがあります。
  • 入賞候補作品の原板(デジタルカメラの場合はオリジナルデータをCD-Rなどにコピーしたもの)は、ご通知次第、ご送付願います。期日までに到着しない場合は失格となります。
  • 全入賞作品の使用権は主催者に帰属し、プリント展示、出版物、宣伝広告、インターネットなどへ無償で使用させていただきます。

送付方法について

  • 1人で複数部門に応募する場合、同一封筒に入れて送っても結構です。
  • 送付中の事故や破損については、その責任を負いかねます。
  • 複数の応募者が同一梱包で送付すると、受付・審査・返却などで誤認を生じる恐れがありますので、必ず各人ごとに送付してください。

作品の返却について

  • 選外作品はご希望により、ご返却します。応募票下欄「作品の返却を希望」を○で囲み、荷造りおよび送料として無記入の[1,000円分の郵便小為替]を同封してください。複数部門に応募しても、同時応募の場合は1,000円分で結構です。
  • 個人作品をまとめての一括グループ返送はいたしません。
  • 落選作品の返却は平成26年5月下旬、入賞の原板返却は平成27年5月末日です。
  • 返却不要の場合は審査終了後3年間保管した後に処分いたします。あらかじめご了承ください。
  • 応募作品の取り扱いには十分注意しますが、汚れ、破損など、万一の事故に対する責任は負いかねますので、ご了承ください。
  • 住所が変更になった場合は、応募部門と新・旧の住所を「富士フイルムフォトコンテスト事務局」にご連絡ください。

その他

  • 富士フイルム株式会社および関係会社の従業員は応募できません。

応募票の個人情報について

  1. 応募票に記載いただく個人情報は、入賞通知・賞品などの送付・作品返却など本コンテストの運営、および当社の商品やサービスについてのお知らせのために、必要な範囲で使用させていただきます。また、このため業務委託会社に情報を開示する場合があります。
  2. 個人を特定することができないよう統計的に加工・分析したうえで、利用させていただく場合があります。
  3. 入賞発表、作品集、作品展に展示、広告に使用する作品などには撮影者の氏名や都道府県名を明示させていただく場合があります。

お問い合わせ

「富士フイルムフォトコンテスト事務局」

TEL 050-3786-5882  受付時間(月~金 10:00~17:00 土・日・祝日を除く)

応募票

応募票のダウンロードはこちら

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る