ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

撮影ステップアップ

[写真]風景を撮影しましょう[2]

[写真]風景を撮影しましょう[2]

旅行先では雄大な風景に見えたのに、いざ写真にすると何か物足りないように感じたことはありませんか?

雄大な景色を写真で再現することは、すこし難しいことですね。

でも、ご安心ください。ちょっとしたことで雰囲気や印象がガラッと変わるコツをご紹介します。

撮影ワンポイント

「比較対象を画面内に入れる」 「地平線・水平線をずらす」

雄大な景色の一部分を切り取るとシンプルすぎて、あまり伝わってこない事がよくありますね。

こんなときは、わざと大きさが比較できるものを構図に入れると伝わりやすくなりますので、いくつかの例をご紹介します。

早速設定してみましょう

比較対象を画面内に入れる

[写真]比較対象を画面内に入れる

風景の奥行きが広がるような写真の場合、少しだけ木立などの比較物を入れると雄大なイメージが伝わりやすくなります。

地平線・水平線をずらす

[写真]地平線・水平線をずらす

画面の中心に水平線や地平線があるとどっちつかずの印象になります。空を大きく入れる。地面を大きく入れるなど大胆に構図を変更してみましょう。
また、高い位置から俯瞰するような写真や地面に近いところから仰ぎ見るような写真など、カメラの位置を調整するだけでも雰囲気が変化します。

木や建物を入れて印象を変化させる

[写真]木や建物を入れて印象を変化させる

もし、撮影場所にいい枝振りの木や建物があったら、写真の周辺部にわざと入れてみましょう。額縁のような効果が出ますので、印象が変化します。

いかがでしょうか?比較対象物を画面内に入れたり、カメラの位置を変えるだけで印象はだいぶ変化しますね。
いろいろ試して写真撮影をお楽しみ下さい。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る