新型コロナウイルスにインフルエンザ…電車のつり革に触りたくない!ちゃんと除菌や抗菌はされているの?

新型コロナウイルスに対する銀イオンによる長期的な抗菌効果は確認しておりません

いや~、まいった、まいった…。

おぎさん、どうしたんですか?

いや、さっき乗った電車がものすごく混んでたんですよ。しかも、つり革がベタベタで気持ち悪くて…。電車のつり革や手すりって、なんとなく触りたくないんですよね。

私は意外に平気かも。やっぱりおぎさんキレイ好きですね(笑)。

電車のつり革や手すりって、なんとなく菌が多くて汚いイメージがあるのだけれど、実際はどうなんだろう?

電車のつり革、触れる派?触れない派?

私も電車のつり革や手すりはできれば触りたくない派です。とはいえ満員電車ではつからまないと危険なので、ベタつきが気になるときは除菌シートで拭いてからつかむようにしています。

おぉ~、さすがですね。僕はちょっと恥ずかしくて拭く勇気がないですね。なんだか周りの人に潔癖症だと思われそうで…。なので、つり革上部の他の人があまり触っていなさそうなところを持つようにしています。

あと、なんとなく申し訳ない気がしませんか。「ちゃんと掃除してるの?」って疑ってるみたいで。

なるほど、そういう心理もあるんですね。私は恥ずかしいという感覚はまったくなくて、むしろ堂々と拭いていたのですが、もしかして周りの人はひいてたのかなあ…。

つり革や手すりは本当に汚いの?抗菌仕様なら大丈夫?

感覚的にキレイか汚いかはさておき、不特定多数の人が頻繁に触る電車のつり革や手すりに菌やウイルスがいる可能性はかなり高いと思いますよ。

でも最近は抗菌タイプのつり革や手すりもありますよね。

そうですね。ただ、“抗菌”というのは、直接菌を殺したり、取り除いたりする効果ではありません。あくまで菌が住みにくい環境をつくることで菌の増殖を抑えるだけなんです。

そうなんですか!抗菌されたものには菌がまったくつかないのかと思っていました…。

僕もそういうイメージでした…。

もちろん抗菌つり革や手すりも菌対策のひとつとしてはよいのですが、「抗菌だから安心」と過信しすぎるのは危険。とくに汗や皮脂汚れなどでベタベタしているつり革は、抗菌タイプでも菌が増殖している可能性が高いですよ。

くしゃみを手で抑えて、そのままその手でつり革をつかむ人もいますしね…。

そもそも健康な人の手にもたくさんの菌やウイルスがついています。その手で口や鼻や目を触ることで菌やウイルスが体内に入ることが多いんですよ。抗菌だからといって安心せずに、ちゃんと対策することが大切ですよ。

通勤・通学電車での感染リスクを減らす方法

つり革、ますます触るのがイヤになってきました(苦笑)。どうしたらいいですか?

私のようにつり革を拭くのが一番よいと思いますが、それが恥ずかしいなら、触った後できるだけすみやかに手を洗うことですね。「手には菌がついている」という前提で考えておけば、手洗い前にむやみに目をこすったり、手づかみでお菓子を食べたり、なんてことはしなくなると思います。

新型コロナウイルスやインフルエンザには感染したくないし、思い切ってつり革を拭いてみようかなあ。

注意してほしいのが製品によって効果のある菌が違うこと。新型コロナウイルスやインフルエンザ対策なら、アルコール度数60%以上の除菌シートを選んでくださいね。

私はこれまで“抗菌”という言葉で勝手に安心していましたが、もうすこし意識しないと。たとえば、インフルエンザの流行は冬なので、手袋をしたままつり革をつかむのはどうですか?

いいと思いますよ。素材にもよりますが、手袋にあらかじめ持続効果のある除菌スプレーなどをかけておくと、手袋自体に除菌効果がつくのでおすすめです。

それ、いいですね!この冬やってみます。

とりあえず僕は手洗いを徹底しつつ、除菌シートも携帯しておきます。ありがとうございました!

関連記事