ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FUJIFILM PHOTO CONTEST

トップ

応募作品への「2つのサポート」ご紹介

応募&返却サポート店

第60回 富士フイルムフォトコンテスト 組写真部門

写真家の元田敬三氏による、組写真の魅力や作品作りのアドバイスなどについて、15分程でご覧いただけます。

応募票のダウンロードはこちら

撮影意欲がアップすると好評です
詳しくはこちら
入賞された方々には、さまざまな特典をご用意

募集要項

応募部門と各賞

■組写真部門
4枚1組で表現する新部門。テーマは自由。
フジコンに待望の「組写真部門」が登場。テーマは自由です。
4枚1組ならではのストーリー写真でご応募ください。
賞 \ 部門 組写真 賞金 副賞(入賞者全員)
大賞 1名 10万円
  • 賞状盾
  • 作品集
  • 作品のプリントパネル
審査員特別賞 10名 各2万円
優秀賞 20名 各5千円

※ 組写真部門とアンダー39部門は、フジコン大賞の対象外となります。

審査員

各部門の審査員および富士フイルム株式会社

■組写真部門
審査員 : 元田 敬三
元田 敬三

元田 敬三 (もとだ けいぞう) プロフィール

大阪生まれ。大学卒業後に写真家を志し、ビジュアルアーツ専門学校大阪へ入学。在学中に大阪のスナップショット作品で第33回準太陽賞受賞。
1997年より拠点を東京へ移し写真展開催や、写真学校で講師を勤め写真教育にも尽力。2016年、東京都写真美術館で開催の日本の新進作家展vol.13「東京・TOKYO」展での作品など国内外で高い評価を受ける。

募集期間

2021年9月1日(水)~10月20日(水) ※当日消印有効

組写真部門の応募方法

STEP 1

作品をプリント

FUJIFILMプリント&ギフト

作品はお店プリント(*1)、またはご自身で制作された銀写真プリント(印画紙)に限ります。

*1 お店プリントとは、写真専門店、 現像所で制作されたプリントのことです。
スライドやデータでのご応募はできません。

※ ご自宅で出力したインクジェットでは応募できません。

  • 額装や台紙・パネルに貼った写真は受け付けません。
  • 2018年1月1日以降に撮影された作品のみ受け付けます。
プリントサイズ全部門(カラー写真、モノクロ写真も可)
六切
(203×254mm)~四切ワイド(254×381mm)
STEP 2
応募票を記入してプリント裏面に貼付

応募票を記入してプリント裏面に貼付

  • 1作品につき1枚の応募票を、記入漏れがないよう作品裏面に貼付してください。
  • 応募票は作品の裏面に天地を同じ方向に貼付し、作品保護のため、1枚ずつ透明のビニール袋に入れてください。

組写真の応募方法について

  • 4枚1組とし、1作品と数えます。
  • 「縦位置4枚」・「横位置4枚」のどちらかに統一してください。縦位置と横位置の混在は応募できません。
  • 各写真の裏面に、写真の順番を記入した応募票を貼付。1枚目の裏面に貼付する応募票には全ての項目をご記入ください。2枚目、3枚目、4枚目の応募票には、「組写真」、「氏名」、「撮影地」、「撮影年」、「使用カメラ」、「組写真の_枚目/4枚」欄のみのご記入で構いません。
  • 4枚1組ごとに写真専用の透明のビニール袋に1組ずつ、1枚目が下になるよう重ねて入れてください。
    応募&返却サポート店
応募票を記入してプリント裏面に貼付
  • 他の応募作品と混在した場合は審査の対象外となります。
  • 右記の順番で4枚並べ審査、展示いたします。
  • 応募票を貼り付けるときに、テープが次のプリント面にくっつかないようご注意ください。
  • 4枚1組で1つの画題となります。 写真ごとに違う画題をつけないでください。
  • 複数名でのご応募は審査の対象外となります。
STEP 3

注意事項をご確認ください。

大切な作品が失格とならないように、注意事項は必ず確認してください。

「注意事項」はこちら (このページの下部にあります)

STEP 4

送付先の住所へ、作品を送ってください。

募集期間 : 2021年9月1日(水)~10月20日(水) ※当日消印有効

作品送付先

〒205ー0023 東京都羽村市神明台2-10-8
(株)富士フイルムメディアクレスト内4F

「富士フイルムフォトコンテスト事務局」

作品返却希望の場合は、返却料1,100円税込が必要です。

応募&返却サポート店

入賞候補者への通知・入賞者の発表・表彰式・入賞作品展示

  • 入賞候補者への通知 : 2022年2月上旬の予定
  • 入賞者の発表:2022年3月下旬 富士フイルムフォトコンテストWebサイトとフォトコン4月号にて発表予定
  • 表彰式:2022年4月、富士フイルム東京本社で開催予定
  • 入賞作品展 : 2022年4月以降、全国各地の富士フイルムフォトサロン他で開催予定

※ 表彰式•入賞作品展は、やむを得ず中止、変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

富士フイルム株式会社および関係会社の従業員は応募できません。

注意事項 (自由写真部門/ネイチャーフォト部門/組写真部門/アンダー39部門 共通)

写真撮影の際は、政府・自治体等公的機関の要請を踏まえ、ご自身の健康状態も十分ご考慮いただくようお願いいたします。

応募作品について

  • 以下の事項のいずれかに該当する作品は応募できません。それぞれの事項への該当の有無については、関連する諸事情を総合的に考慮して、主催者がその裁量により判断いたします。
    (i) 応募作品と同一または類似の作品であって、規模の大小にかかわらず、作品の審査を伴う他の写真
    コンテスト・コンクールに応募中もしくは応募予定の作品、またはかようなコンテスト・コンクールにおいて過去に入賞・入選した作品。なお、応募作品との同一・類似の判断は、各作品の撮影
    時期、撮影技法、構図、作画の意図等さまざまな事由を総合的に考慮して、主催者がその裁量により行うものとし、次の(ii)においても同様とします。
    (ii) 応募作品と同一または類似の作品であって、応募の前後を問わず、また媒体・形式を問わず、第三者に対して有償で販売・譲渡されている、または有償で販売・譲渡されていた作品。なお、 応募作品の有償での販売・譲渡を目的としないことが明らかな形式・態様により出版物やウェブサイトに掲載されている作品(応募者本人のものを含む)または画像投稿サイト・SNS等に投稿されている
    作品は応募できます。
  • 応募者が18歳未満の場合、作品の応募について事前に保護者の承諾を得ていることを応募の条件とします。
  • 応募作品の被写体に人物が含まれている場合は、当該被写体ご本人(被写体が18歳未満の場合は、その保護者)から応募者による作品の応募に関して必要な同意を取得し、被写体の方の肖像権等の侵害の問題が生じないことを応募の条件とします。万一、第三者と紛争が生じた際は、応募者自身の責任と費用負担によって解決していただきます。
  • 応募作品は、応募者本人が撮影し、すべての著作権を有しているものに限ります。他人の名前を使用した場合や、他人の著作物を引用した場合は失格になります。

応募方法について

  • 1人、何部門でも、何点でも応募できます。
  • 応募後の応募辞退は受付しかねます。
  • 同一写真を複数部門へ重複して応募できません。
  • 規定外のサイズや台紙・パネルに貼った写真は失格になります。
  • 使用カメラ、フィルム、印画紙(インクジェット不可)の銘柄に制限はありません。
  • 応募票の各項目はすべて楷書で記入し、氏名と画題には必ずふりがなを付けてください。

入賞について

  • 同一の部門において1人1賞とします。
  • 入賞決定後においても、この応募規定への違反があると主催者が判断した場合は、入賞を取り消すことがあります。
  • 入賞候補作品のオリジナルデータまたは原板は、通知次第、ご送付願います。オリジナルデータはCD-R等主催者が指定する媒体にコピーしてください。期日までに到着しない場合は失格となります。
  • 応募者は、本コンテストへの応募をもって、応募作品が入賞した場合におけるその作品の使用権を主催者に許諾することに同意したものとします。これにより、主催者は、その裁量により、プリント展示、出版物やインターネットでの掲載、宣伝広告などのために無償かつ優先的に入賞作品を使用させていただきます。応募作品が入賞した応募者(以下「入賞者」といいます)は、自らまたは第三者をして入賞作品を本コンテスト以外において公表・使用する場合は、事前に主催者に通知のうえ承諾を得ることが必要となります。なお、入賞者は、主催者の承諾に基づき自らまたは第三者をして入賞作品を公表・使用する場合、それによって主催者の使用権を妨げてはならず、また主催者または本コンテストの信用・評判を毀損することのないように十分留意するものとします。
  • 審査結果に対するお問い合わせや苦情には一切応じかねますので、ご了承ください。

送付方法について

  • 1人で複数部門に応募する場合、同一封筒に入れて送ってください。
  • 送付中の事故や破損については、その責任を負いかねます。
  • 複数の応募者が同一梱包で送付すると、受付・審査・返却などで誤認を生じる恐れがありますので、必ず各人ごとに送付してください。

作品の返却について

  • 選外作品の返却を希望する場合、梱包/送料として応募票下欄「作品の返却を希望(1,100円税込)」を☑チェックしてください。後日(1月中旬発送予定)、作品返却料をコンビニ等でお支払いいただける振込用紙を送付いたします。
  • 返却料は、複数部門・複数枚数ご応募いただいてもお一人あたり一律1,100円税込です。
  • 応募&返却サポート店からのご応募の場合は費用が異なる場合がございます。お申し込みいただいた店舗にてご確認ください。
  • 個人作品をまとめての一括グループ返送はいたしません。
  • 選外作品の返却は2022年5月下旬予定、入賞の原板返却は2022年12月下旬予定です。
  • 返却不要の場合、審査終了後2年間保管した後に処分いたします。予めご了承ください。
  • 応募作品の取り扱いには十分注意いたしますが、汚れ、破損等、万一の事故に対する責任は負いかねますので、ご了承ください。
  • 住所が変更になった場合、お名前と応募部門、新・旧の住所を「富士フイルムフォトコンテスト事務局」にご連絡ください。住所不明で返送できないケースが発生しております。
ワンポイントアドバイス付き返却をご希望の方は応募票下欄「作品の返却(1,100円税込)とワンポイントアドバイス(1,100円税込)を希望(合計2,200円税込)」を☑チェックしてください。
ワンポイントアドバイス料は1人あたり1,100円税込です。アドバイスは何枚ご応募いただいても、おひとり1作品とさせていただきます。複数作品、複数部門を応募されている場合は、フォトアドバイザーが作品を1点選択させていただきます。
※入賞された場合、ワンポイントアドバイスの対象外です。

応募票記載の個人情報について

  1. 応募票に記載いただく個人情報(以下「個人情報」といいます)は、入賞通知・賞品などの送付・作品返却など本コンテストの運営および当社のイメージング関連の商品やサービスについてのお知らせのため(以下「利用目的」といいます)に、必要な範囲で使用させていただきます。また、これら利用目的の範囲で業務委託会社に個人情報を開示する場合があります。
  2. 当社は、個人情報を富士フイルムホールディングス株式会社のグループ会社と次のとおり共同利用することがあります。共同利用する個人情報の項目:氏名、住所、電話番号、FAX番号、eメールアドレス、共同利用の範囲:富士フイルムホールディングス株式会社のグループ会社、共同利用の利用目的:利用目的の達成に必要な範囲、共同利用する個人情報の管理責任者:富士フイルム株式会社
  3. 個人情報を個人を特定することができないよう統計的に加工・分析したうえで、利用させていただく場合があります。
  4. 入賞発表、作品集、作品展に展示、広告に使用する作品などには応募票に記載いただいた撮影者の氏名や都道府県名を明示させていただく場合があります。

お問い合わせ

富士フイルムフォトコンテスト事務局

TEL 0570-065882 受付時間(月~金 10:00~17:00 土・日・祝日を除く)

応募票のダウンロードはこちら

「自由写真部門」詳しくはこちら

「ネイチャーフォト部門」詳しくはこちら

「組写真部門」詳しくはこちら

「アンダー39部門」詳しくはこちら

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る